1.ニュースレター
@1〜8号 A9〜16号 B17〜24号 C25〜32号 D33〜40号 E41〜48号

F49〜56号 G57〜64号 H65〜72号 I73号

・ニュースレター(隔月刊)目次一覧(内容一部公開)

・ニュースレターへの投稿のお願い

2.シンポジウムの報告

インフルエンザワクチン接種とタミフル投与の危険性(2009年秋季)

・各地のバイオ施設新設・移設・稼動反対運動の現況と今後

・バイオテクノロジーと実験施設の危険性(2008年秋季)(PDF版)




3.バイオハザード裁判

・バイオハザードとは何か(故芝田進午:予研=感染研裁判の会前会長・前当会代表幹事)


・予研=感染研裁判とは何か(故芝田進午:予研=感染研裁判の会前会長・前当会代表幹事)


・予研=感染研裁判とバイオ時代の安全性(故芝田進午:予研=感染研裁判
の会前会長・前当会代表幹事)

・「自分の利益より人間の生命を大切にしたい」ーあるバイオ研究者の科学者
としての生き方(新井秀雄:国立感染症研究所主任研究官)

・高槻JTバイオ施設情報公開請求提訴の経緯ー国・バイオ企業・学会の巨大
ネットワークに対抗して(二木崇:高槻JTバイオ施設情報公開訴訟原告代表)

4.予研=感染研裁判関連情報
予研=感染研裁判東京地裁判決書全文
English version of the ruling of the Tokyo District Court
 

予研=感染研裁判東京高裁判決書全文
予研=感染研裁判東京高裁判決書の要約(抜粋)
東京地裁判決に対する原告団の声明
東京高裁判決に対する原告団の声明


5.バイオテクノロジーの危険性

・バイオテクノロジーの危険性
・予測できない危険の発生ーDNA組み換え技術の限界を示す一例
・遺伝子組換え食品の安全性をめぐってープシュタイ報告を中心に
・現代のバイオ技術と立花隆の役割ー立花隆の無知蒙昧と不遜・傲慢を徹底
批判する



6.バイオ施設の設置問題

・バイオテクノロジー問題 安曇野の場合 ・東大医科研におけるバイオハザードについて
・なぜこの片田舎に慶應義塾の研究所か?
・続報・慶応大学バイオ研究所(山形県鶴岡市)


・武田薬品新研究所の環境影響評価予測書案についての意見書




7.バイオテロ対策

・バイオテロ対策に関する当センターの見解
・厚生労働省のバイオテロ対策

8.カルタヘナ国内法

・「遺伝子組換え生物規制等法」の批判的検討
・遺伝子組換え生物等規制法及び関係省令に関する文部科学省ライフサイエンス課との質疑応答内容

9.世界のバイオ規制法

WHOの文献のダウンロードサイト


・WHOガイドライン (PDF版


・改定第3版WHOガイドラインの概要と問題点


『保健関係実験施設の安全性』(WHO)におけるラボラトリーの位置
 
―ケネディ博士(編著者)の解釈―



・バイオセーフティの強化に関するWHOの2つの文書について
・インドの遺伝子工学法
・EU理事会指令
・イギリス「遺伝子組み換え生物(閉鎖系使用)についての規則」

・ドイツの遺伝子工学法
・アメリカ合衆国の規制
・病原体等実験施設規制モデル法案(当センター編)

10.Q&A

・「バイオハザード」(生物災害)とは?
・バイオ施設規制ー日本が無法状態とは?
・「安全性の科学」の意義は?

11.資料

・病原体・遺伝子組み換え実験施設への国際的、国内的規制についての年表
・予研(感染研)裁判ならびにバイオ時代の安全性についての文献
・バイオハザード及びバイオテクノロジーの危険性に関する最近の文献
・遺伝子組換え微生物が実験施設から漏れるって本当?(ジーンウォッチ編)
・英国視察報告
・人為的ミスは起きるもの(責任ある遺伝学協会)
・バイオ施設の安全性確保に関するチェックリスト


12.出版物

・バイオハザードを防ぐ方法(300円)  ご注文
・教えて!バイオハザード(1800円) ご注文


13.ご案内

・入会へのお誘い


戻る