『バイオハザード原論』 本庄重男著

 SARSなどで明らかになったように、危険な病原体や遺伝子組み換え微生物が、実験室などから市民生活の場や環境に漏れ出て、人々の健康や環境に重大な悪影響や被害を及ぼし始めている。産業や医療分野のバイオテクノロジーの利用状況は、「暴走」といっていいほどで、何の法律的な規制がないままに、住宅密集地で実験が行なわれていて、危険きわまりない。  
  本書は、もはやSFではなくな ったバイオハザードについて、その定義から現状分析、そして 予防原則に基づいた対策までを、著者の経験を踏まえて、わかりやすく論じている。

[内容構成]
まえがき    

序 章 バイオハザード事始め
1 ポリオの大流行
2 サル類とバイオハザード
3 私も経験した実験室感染事故
4 バイオテクノロジーの発展とバイオハザード  

第1章 バイオハザードとは何か
1 過去のバイオハザード概念
2 バイオハザード概念の変遷
3 今日発生し得るバイオハザードの様相
4 バイオハザードで認められる特性
5 バイオハザードと紛らわしい概念

第2章 バイオテクノロジーとバイオハザード
1 バイオテクノロジーの本質
2 今日のバイオテクノロジーと従来の生物技術との違い 
3 裸のDNA(分子)は生物活性を示す
4 自然界におけるDNAの存続
5 遺伝子DNAの水平伝達
6 遺伝子水平伝達の人為的促進 
7 バイオテクノロジー批判の視点  

第3章 バイオハザードの具体例
1 旧ソ連スヴェルドロフスク市での炭疽菌によるバイオハザード
2 健康食品トリプトファンに関わる事件 
3 遺伝子組み換えウイルスにおける予想外の危険発生
4 SARSウイルスの突発出現
5 米軍生物兵器研究センターにおける炭疽菌漏出事件  

第4章 わが国におけるバイオハザード対策の問題点
1 基本的に欠けていること 
2 病原微生物実験施設で採られている方策
3 バイオハザード予防のために始められた予研=感染研裁判
4 動物が関わるバイオハザードへの対策
5 バイオテクノロジー製品の安全性検討の必要性  

第5章 今後のバイオハザード予防のあり方
1 バイオハザード予防・制圧対策の技術的基礎
2 予防対策立法の実現へ向かって
3 市民参加の必要性 
4 研究者への協力要請と批判
5 市民的監視体制の確立
6 SARS問題とバイオハザード予防の視点  

参考文献
資料1 病原体等実験施設規制法の試案
資料2 住民協定書の実例  

あとがき

[著者略歴]  
本庄重男(ほんじょう しげお)
1929年東京都生まれ。東京大学農学部卒。農学博士。国立予防衛生研究所・筑波医学実験用霊長類センター所長、愛知大学教授を歴任。国立感染症研究所名誉所員。日本霊長類学会名誉会員。バイオハザード予防市民センター(略称・バイオ市民センター)代表幹事。 [著書]『バイオテクノロジーの危険管理』(編・訳、技術と人間、1998年)、『Q&A教えて!バイオハザード』(共著、緑風出版、2003年)、『生命のフィロソフィー』(共著、世界思想社、2003年)、その他専門論文・図書多数。