2017.1/23 創刊100号記念号

 http://www.biohazards.jp/

バイオ時代の

人権と環境

発行:バイオハザード予防市民センター

事務局:260-0802千葉県千葉市中央区

川戸町308-10長島方

TEL&FAX 043-266-2495

e-mailsnc66543@nifty.com

郵便振替 00170-1-663514





●巻頭言・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本庄重男  1

BSL-4施設を国内に新設する意図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新井秀雄 2                  

WHO指針とバイオ事故等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 長島 功 

●バイオハザード対策キャビネット、HEPAフィルタがあれば病原体は漏れないか?

・・・・・・・ 川本幸立 14

●我が国におけるBSL-4施設の設置に関する当センターの見解・・・・・・・・当センター 19                     

●長崎大学のBSL-4施設建設計画と反対運動の経過 ・・・・・・・・・・・・・木須博行 33

●感染研村山庁舎のP4実験施設、反対運動の歴史・・・・・・・・・・・・・ 須藤 博 44

●感染研戸山庁舎の実験施設、移転反対運動の歴史・・・・・・・・・・・・・ 鈴木武仁 46

BSL-4施設の坂本キャンパス設置に反対する近隣住民と市民の皆さまへ・・・ 二木洋子 49

●武田薬品バイオ研究所の安全問題に対する市民のたたかい・・・・・・・・・小林麻須男 50

●国立医薬品食品衛生研究所の府中移転反対運動について・・・・・・・・・・一ノ瀬清美 53

●病原体等実験施設規制法令等試案・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当センター 55