決   定

当事者の表示           別紙当事者目録記載のとおり



 上記当事者間の東京高等裁判所平成13年(ネ)第2435号実験等差止請求事件について、同裁判所が平成15年9月29日に言い渡した判決に対し、上告人兼申立人らから上告及び上告受理の申立てがあった。よって、当裁判所は、次のとおり決定する。


主  文


                  本件上告を棄却する。
       
                  本件を上告審として受理しない。

                  上告費用及び申立費用は上告人兼申立人らの負担とする。


理  由

1.上告について

 民事事件について最高裁判所に上告することが許されるのは、民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ、本件上告理由は、違憲をいうが、その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって、明らかに上記各項に規定する事由に該当しない。

2.上告受理申立について

 本件申立の理由によれば、本件は民訴法318条1項により受理すべきものとは認めない。
 よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。

  平成17年4月26日
     最高裁判所第三小法廷
          裁判長裁判官     藤 田 宙 靖
               裁判官     金 谷 利 廣
               裁判官     濱 田 邦 夫
               裁判官     上 田 豊 三